秋保温泉ホテル佐勘 伝承千年の宿 佐勘

TOP > 悠久の歴史

秋保温泉と佐勘 悠久の歴史

東北大学東北アジア研究センター 助教 高橋陽一

秋保温泉の歴史と佐勘の歴史をご紹介します。

  • 温泉の歴史
  • 秋保温泉の歴史
  • 秋保温泉と佐勘 ~江戸時代前・中期~
  • 温泉の変化と村の振興策 ~温泉約定の成立~
  • 秋保温泉と佐勘 ~江戸時代後期~
  • 近代の秋保温泉

高橋陽一(たかはし よういち)
1977年徳島県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は日本近世史、旅行史。著書に『川渡温泉史料』(東北大学大学院文学研究科東北文化研究室)、『歴史探訪 関山街道を歩く』(共著、東北建設協会)。

このページの先頭へ
※このサイトは「〜秋保温泉と佐勘〜悠久の歴史」(東北大学東北アジア研究センター 助教 高橋陽一氏著、株式会社ホテル佐勘制作、2005年発行)を掲載しています。
※ このサイトに掲載の全画像・資料等の著作権は、それぞれの自治体・団体・企業または個人が所有しています。掲載の記事・写真の無断転用はご遠慮願います。
明治時代の村の様子 大正時代の佐勘の様子
大正時代の河原の湯 昭和11年の佐勘旅館発行の案内
昭和初期の新館客室 昭和初期の2階大広間
昭和初期の脱衣所 昭和初期頃の佐勘の外観
昭和初期の佐勘 昭和40年頃の佐勘の様子
河原の湯 名取川
※画像をクリックすると、大きな画像でご覧になれます。